鎌倉移住。

夫と6歳の娘の3人暮らし。日々を書き綴っています。

待ってみたのだと思う。

 

最近、やたらと学校の先生に

私は褒められる。

 

60代のベテランさっちゃんにも

 

「今まで見てきた親さん、本当に色んな人がいたけど、その中でもあなたは、5本の指に入る。」

 

「子供との距離感が上手い。」

 

「頑張りすぎちゃう親さんのが多いんです。」

と言われる。

 

「私にはできない。子供との関わり方がほんとに良い。」

 

 

と担任にも言われ

 

 

私は、ソファーに、ごろーんと寝転びながら

 

まじかよ。やめてくれよ。

 

ったく、答えのないモノへの

大人の意見なんて

日替わり定食だな。

 

 

でも、私って凄いかも〜。

ひゅ〜〜と思ってる。

 

f:id:mariko19821019:20221126164000j:image

 

去年は、学童のスタッフから

「言いなり育児」

「放置育児」

「今だけ育児」

なることを、ガガガーと言われたりもしたから、

(学校の先生は、最初から優しかった。)

 

学校のほうが、不登校に対するマインドは進んでたりすんだなって。

 

だから、わりと、それ以外の

ババ、ジジがうるさかったりするわけだ〜。

 

 

f:id:mariko19821019:20221126162519j:image

 

 

なんで褒められるかって、

 

娘の心が元気で

夢がふつふつと出てくるからだ。

 

場面緘黙症だけど、

最近、別教室では、さっちゃんはじめ

いろんな先生、あと、不登校仲間で

別教室にきてる男の子と

声を出して喋れるようになったこと。

 

また、ある大きな夢ができて

来年、ある挑戦をすること。

※また書くわ。

 

 

がんばれや。と思ってる。

 

私自身にも、がんばれや。と思ってる。

 

昔から、

子供に対して

「邪魔しちゃいけない。」って思ってる。

 

自分の所有物とか、自分の分身とか

こうなって欲しいとか、

 

そんなんがなくて、

 

むしろ、お互いそれぞれで生きていきたい。

 

子供は、「預かり物」であると思ってやってる。