鎌倉移住。

夫と6歳の娘の3人暮らし。日々を書き綴っています。

これから。

 

相変わらず、我が家には、娘絡みの来客が絶えない。

 

ゴールデンウィークは、保育園時代のお友達が泊まりに来た。

 

半年ぶりに会う彼女は、ガラッと変わっていた。

 

大手進学塾 四ツ谷○塚に通い始めて

その他にも習い事。

 

自分で、都内の塾まで通う。

 

終わるのは、20時過ぎ。

私立の中学を目指す。

 

前はあんなに、無駄な事しかしなかったのに、

 

娘との関わりの中で、「無駄な事」が随分と減って、娘とは、随分とやる事も言う事も違う。

 

つい最近までは、一緒に紙飛行機できゃーきゃー言ってたのになぁ。

 

かたや、野生の我が娘は、非常に幼い。

 

順調に、野生だ。無駄な事に全集中している。

 

「塾」とかいう単語を知ってるか不安だ。

 

何だか話していても、独特な感性からの独特な質問が多くて、一緒に長くいると疲れるし。

 

永らく、わたしたちは、そんな感じ。

 

だけど、それはそれは良い物を持ってらっしゃる。

 

 

 

おもいっきり、再度ギアを切り替えて信じていきたい。

 

 

何度も何度も、既存の古い常識をぶちこまれても

信じていきたい。

 

 

 

最近、1つの映像がある。

 

 

娘が20歳の夏の日。

 

空港で、私と娘は、話してる。

 

今日は、娘がハワイに旅立つ日。

 

娘はハワイへ仕事と大学進学の為に、出発する。

 

相変わらず、ドギマギしちゃってて、アヒルみたいな歩き方は変わらないけど、

 

 

 

今、ちゃんと出発した。

 

 

その後ろ姿を写真に撮った。

 

 

f:id:mariko19821019:20220510010715j:image

 

 

私は、ワクワクしながらさっちゃんに手紙を書く。

 

 

「先生、今、娘がハワイに無事に向かいました。」

 

「あの時の夢が、そのまま叶いました。」

 

「先生が言ってくれたように、こだわりを持ったまま、こだわりを求めてるお客さんに呼ばれました。」

 

 

あれから、もう一年。

 

娘からは、たまにLINEがくるだけ。

ちょっと古い私の話をあしらうように

 

娘は、自分の人生を思いっきり生きている。