鎌倉移住。

夫と6歳の娘の3人暮らし。日々を書き綴っています。

97年間。

97歳の「太陽の男」が今日亡くなった。

 

お医者さんの言う通り、最後は

ずっとずっと動いてきた滑車が静かに止まるように、眠るように亡くなった。

 

家族も寝ているだけなのかどうかわからなかったと。

 

ここのお家は

いい気が流れている。

 

家族みんな人格者だと思う。

 

なんかもう、とにかく色々凄くてよ、足元にも及ばねーよ!!

 

私には正直、そういう家だと思う。

 

だけど、同じだとも思う。

 

 

最後の半年だったけど、

97歳の先生と出会えて良かったよ。

ありがとう。とさっき言ってきた。

 

同じ空間にいると、

なぜかいい感じに思える、そんな太陽の男だった。

 

先生は、いつも鼻歌を歌っていたから

私もそんくらいのノリでこの世の中を生きていくよ。

 

 

97年間かぁ!

凄いなぁ。

 

 

亡くなる少し前に、

先生に、97年間っていうのは

あっという間ですか?

って聞いたら

 

「やっぱり長い。」

 

そう言っていたのを思い出した。