鎌倉移住。

夫と6歳の娘の3人暮らし。日々を書き綴っています。

変化していかなきゃ。

 

ずっとずっと恐れてきたこと、だけど

ずっとずっと予感はしていたこと。

 

「娘の不登校。」

 

ついに始まってきた。

変化って突然だけど、少しずつ少しずつでもある。

 

良いと思う。

 

 

少し学校に行く日、

習い事の日、

今日みたいに学童だけ行く日。

 

 

が、問題は、

軌道にのってきた

「MIMAMORIYA まりこ⭐︎」の運営が難しくなってくるわけだ。

 

低学年の子が学校に行かないと言うことは

大人が外に働きに行けなくなるってこと。

 

そして、幸せになりっこない

1日中母子2人きりの生活になるのが嫌だ。

 

 

だから、だから私は働いていきたい。

 

 

10年ぶりの強い地震があった今日。

 

 

私は明日、あるお客様の1人にご提案をする。

 

 

「娘が学校に行けない日が増えてきました。

そんな日は、子連れ出勤させてもらえないでしょうか?」

 

そのような形が可能であれば

平日はいつでも通えます。

 

⭐︎⭐︎⭐︎

 

翌日、

早速電話した。

 

お客様は、女性の会社経営者でもある。

 

 

経営者は、いつも何でも早い。

彼女自身は、是非。素晴らしい。と快諾。

 

その場合、専属になってもらいながら

直接契約で

姉のお家の事も見てほしいと。

 

いくら欲しいかを提示してほしいと。

 

ただ一つ、最終的な決定を、

契約面やご両親への配慮など

同じく経営を営む旦那さんと相談をし、すぐにまた連絡をすると。

 

どれだけ好かれたとしても

いつもいつも意識しなくてはいけないんだ。

 

 

繰り返し意識して思う。

 

 

お客様は、家族ではない。

境界線を大切に。

常に、他様である事を忘れずに。

エゴを捨てよ。

 

さて、どうなるか。

だけどさ、どうせ、ゼロみたいなもんだったじゃないか。

 

だから、前に進めたかな。

 

話がまとまれば、

 

都内の会社や、他のお客様のところは

もう終わりだ。

 

 

 

旦那様は、教育関係の事業もやっているので

娘の事も何か道が拡がりそうで

正直、面白い。

 

 

彼の一つの専門分野である不登校。笑

 

 

 

 

さて。

 

 

来週はどうなってるのか検討がつかない。

朝、娘がどんな状況かわからない。

 

 

だけど、私の夢の個人事業主になれたりするのかも。

 

 

相当、わくわく。

相当、お疲れだ。

 

 

色んな意味でぐったりー。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20211008130900j:image