もうすぐ鎌倉移住するよ

夫と6歳の娘の3人暮らし。日々を書き綴っています。

最近。

 

今年の鎌倉花火大会が素晴らしかった。

 

梅雨時期、花火大会のこの1日だけ不思議と快晴で。

 

鎌倉に来てからこういう事が多い。

 

絶対雨予報の運動会の日。開催時間になって

晴れてくるとか。

 

お神輿の時間に雨が止むとか。

 

 

f:id:mariko19821019:20190712105806j:image

 

 

 

 

鎌倉花火大会。

 

海を望んで見る花火はとても美しく

 

これから夏が始まるよ!!

 

という、鎌倉独特の夏始めの

スタートに見えた。

 

 

由比ガ浜は、観光客でごった返していたけれど

わたし達が向かった坂の下は、

とても空いていてベストポジションだった。

 

 

そして、帰りは、家まですぐに歩いて帰れるという素晴らしさ。

 

 

帰り、大混雑の江ノ電に乗り込む沢山の人達の様子を見て、

 

 

贅沢な場所に住めてるし

贅沢な場所を選んだ。

 

 

わたしは、選んだ。

 

 

 

と不思議な気持ちになった。

 

 

花火は、邪気を浄化する気がして、

さぁ、夏を楽しもうと

そんな気持ちになった。

 

 

★★★

 

 

 

 

娘の「場面緘黙」の様子が心配で心配で、

場面緘黙って、行動にも規制がかかるのよ。

だから、毎日やりにくさを感じる。

 

 

休み時間も1人で過ごしてるんだなー。

話せないって辛いだろうなと

登校拒否になっちゃうのかなー。

 

 

みたいな悩みは絶えず、

 

 

そんな中、

 

専門的な本を読んでみたり、

先生に掛け合ったり、

 

手と手を取り合ってやっていきましょうと

言い合ったり、

 

もう全然、学校に対して

遠慮して嫌われないようにしてる自分もいたりと

 

そんなだけど、

 

 

毎朝、不思議と嫌がる事なく

学校に向かう娘を見て、

 

 

その健気な淡々とした凛とした

颯爽さから、

 

 

 

私は、彼女に呪いをかけてるな。

 

呪いをかけ続けている。

 

 

そんな風に思った。

 

 

f:id:mariko19821019:20190712110110j:image

 

 

心配という名の呪いを。

 

これに対しては、大事な自分にも

この老害め。

クソが。

と思う。

 

 

具体的なジャブは必要だ。

 

見守ると言う名の偽善者ぶった放棄もある。

 

だけど、私が参ってどうする。

 

 

彼女の人生。

具体的なジャブを打ちつつ、

信じて見守れと、

人の生きる力を信じろと。

 

 

言うのは非常に簡単で

ちゃんちゃら綺麗事なこの事を

 

 

決意した。

 

 

(しようとしている。)

 

 

選んだ。

 

 

自分が選ぶ。

 

 

 

★★★

 

 

 

 

続きまして 

 

 

自分の仕事について

 

 

完全に、新しく沢山の人達と関わって働くのが

ダルいので、

 

 

やっぱり自分ビジネスだー!

と思って、

ネットショップを開設し始めた。

 

 

バスソルトを売るつもりです。

 

材料はもう買ったので、

 

あとは作るだけ。

 

 

色々、完成次第、またブログでもお知らせします^_^^_^