もうすぐ鎌倉移住するよ

夫と5歳の娘の3人暮らし。日々を書き綴っています。

贅沢な育児をしたい。

 

先日、自分は変わってきてるみたいな話をしておいてなんだが、

 

 

やっぱり、夜11時過ぎると、

あぁー。育児しんど。。。

 

 

となる。

 

 

早く寝ろーハヤクネロ。。。

ダンナオソスギ、バカヤロウ。

ヒトリデオフロハイリタイノニ。。

 

 

 

と呪文のように唱える。

 

 

 

誤解のないように言っておくが、

私は子供が好きだ。

ただ、時間が長過ぎるのがダメなんだ。

 

 

 

あーぁ。

 

 

 

私は、贅沢な育児がしたいんだよ。

 

 

 

と率直に思った。

 

 

 

そして、あ。これ、正しい感覚。と心が反応する。

 

 

 

さて。贅沢な育児とは何か。

 

 

 

「贅沢」というのは、今の時代に合わせて言ってみた。

 

 

これからは、これが「普通」になるんじゃないかと思います。

 

 

 

それは、

 

 

 

「したい時だけする育児。」

 

 

今遊びたいから遊ぶ。

今は一緒にいたいから一緒にいる。

 

 

おいしいとこどりな育児。

 

 

おいしいとこどりな育児。(2回目)

 

 

 

子供によって

ますます親の人生も輝く。

 

 

 

 

そんなシステムが、可能な仕組みが出来つつあるのが今や今後の風潮かな〜なんて思います。

 

 

 

親なんて、いつもご機嫌なイメージでいいんじゃないかな。

 

 

生活の為とか、始終一緒にいるとか。

 

 

仕事のしすぎで子供を邪魔に思ったり、

イライラしちゃうのが多くなったら、

子供には、この世界は、なんだが大変で

辛いよって教えているようなものだよね。

 

 

これも虐待位のダメージを与える。

 

 

子供が生まれた時から、何人か体制で、

決して誰かがメインで動いて1人で育ててはいけないと思った。

それはほんとに、おこがましい事だと思った。

 

 

 

とか言いながら、私もつい最近まで、

3歳までは〜とか本気で信じていた。

恐ろしや。

 

 

 

人はころっと変われるし、時代は必ず良くなっていると思った。

 

 

 

 

現在の少子化のホントの原因は、

子育て世代が

 

 

「また生まれたいと思う世界。」

 

 

と思えなくなった結果の

集合意識だと思うし、

 

 

家族形態って、今スタンダードな在り方が

あたかも太古からあったように錯覚してしまうんだけど、

 

 

ちょいと昔の日本は、結婚しても同居はせず、男性が奥さんの家に出向くのが普通とされてきた時代もあったし、子供も乳母が育てるのが普通な時代もあった。

 

 

ここ最近の核家族ってのは、ほんと最近の話でなので、親世代やいまの在り方に固執する必要なんかは、ぜーんぜんないのだと思いました。

 

 

だから、私の今の夢は、

 

 

 

パパ3人体制です。

 

 

 

お互いが色んな能力を発揮してほしいです。

 

 

私も、分野ごとに話す相手を代えたいです。

 

 

 

 

f:id:mariko19821019:20181004090114j:image