もうすぐ鎌倉移住するよ

夫と6歳の娘の3人暮らし。日々を書き綴っています。

びゅ〜〜〜ん。

 

朝から暴風で風がびゅ〜〜〜〜んと吹き荒れる中、小学1年の娘と小4のマザーテラサと小2のかわい子ちゃんと私で学校まで向かう。

 

 

娘の傘が3回、ひっくり返って逆向きになった。

 

 

★★★

 

 

最近、思うあれこれを綴ります。

 

 

世の中が目に見えて変わってきたなーとますます感じる件。

 

 

TOYOTAの終身雇用撤廃、転勤制度廃止。

 

 

ベビーシッターで月額100万越えの人達がばんばか出てきたり。

 

AIが仕事を奪うのではないっぽいわ。

 

医者は今ほどすごい存在じゃなくなるけど、

看護師はそのまま。先生っていうポジションは微妙になってきたけど、

ベビーシッターさんが日々大活躍になってきたり。

 

 

「権威」的なものっていうのかなぁ、どうやら

なんかそういうのが薄くなるっぽいわ。

 

 

 

そう考えると、主婦業これからいいかもね〜

 

 

今まで、なんとなーく、社会ではいまいち評価されなかったような事に関心がグーっとシフトしていくような。

 

中間でぶらり〜んな今までも

いい感じかも。

 

 

だからね、色んな事。

意味ないと思わなくてもいいね。

 

 

もっと自信持って毎日を過ごすわ。

 

 

お金を生まなきゃ意味がない訳じゃないです。

生み出したいけど。自分のペースで。

 

 

あー。あと、最近の変わりよう。

親より稼ぐ小中学生の激増。

 

 

もう、若者の邪魔だけはしたくないと今から思っています。

 

 

24時間労働のコンビニ営業も少なくなる動き。

 

誰かを無理に働かせて利益を得る手法は

もう限界っぽい。

 

キャッシュレス化。

 

仕事に合わせて住居を選ぶ人の激減。

 

月4万で全国住み放題サービスが開始された事。

 

 

 

ほんとに変わって変わって

今朝の突風みたい。

 

 

びゅ〜〜〜〜〜〜ん。

 

 

 

 

★★★

 

 

★★

 

 

今、生きかたを、問われてるのだと思う。

 

この想いに賛同してくれる人たちとともに、毎日を、光り輝く、美しいものにしたい。

 

美しく走る。

 

Be a driver.

 

 

 

Mazda

 

 

会社帰りに電車で見た広告が

なんか良かった

 

 

 

f:id:mariko19821019:20190521154334j:image

 

 

 

 

★★★

 

順調すぎて書く事がない。

 

 

きっと、空でもそんな事を思って

この地球に来てしまったのかな。なんて言うと

スピリチュアル気味でダメかな。

でもそう思う。

 

 

 

5月、海がとても綺麗だ。

 

f:id:mariko19821019:20190517114346j:image

 

 

5月、ますます極楽寺は美しい。

 

f:id:mariko19821019:20190517115149j:image

 

 

順調すぎて、快適すぎて

頭が飽きてしまう時があって、

 

そんな時、

もう私ったら労働者思考♩って思う。

 

 

すぐに次やる事リストとか考えてしまう。

 

 

来年くらいには、

やりたいことリストじゃなくて、

もう、バカみたいに止まらないことリストを出したいと思ってる。

 

 

はい、でもとりあえず

 

 

★夏休み、娘をおもいっきし自然と遊ばせてみたい。とにかく、友達と遊びたい時で、

だけど、まだそこまでのお友達がいないのが歯がゆい。ノリの悪い私だと日々足らない。

周りは、遊びの宝庫だってのにー!!!

ぎぃ〜〜歯がゆい。

(友達募集中。)

 

★食器棚欲しい。あとソファーで寝るの辞めたいからベッドが欲しい。6月に保育園時代の友達が来るから、それまでにお洒落な家にしてみたい。

 

鎌倉山、北鎌倉を巡りたい

 

★自分ビジネスをしたい。生活を仕事にしたい。

 

 

と思ったり、忘れたりしてる。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20190518003243j:image

 

 

目に見える成果と

目に見えない成果。

 

 

大丈夫。ほんとは、生きてるだけで大丈夫なのに。

 

 

随分とつまらぬ大人になってしまった。

 

だけど、随分と遠くまで来れた。

 

 

戻るべきさじ加減は、

 

6歳くらいの子どもの姿だなって感じて

笑っちゃう。

 

 

私達の中に染み付いた

あらゆる「労働者魂」って、

抜けるのかな。

 

でも、そもそも抜く必要ってあるのかなぁ。

 

 

なんて事も最近よく考える。

 

 

私達のルーツを知りたいな。

好きなもので埋め尽くせたら

 

子供は自然によく気づく。

 

f:id:mariko19821019:20190423221556j:image

 

自転車で海沿いを走っていたら、海辺に沢山のお花が咲いていたらしい。

それを瞬時に見つけた娘が、お花の中に行きたい!と言う。

 

行ったら、この写真。

名作が生まれた。

 

 

f:id:mariko19821019:20190423221732j:image

学校が終わるといつもチャリを漕いでいて。

虫を見つけるたびに急ブレーキで停車する。

 

 

f:id:mariko19821019:20190423221849j:image

 

 

目に入る全ての風景が絵になると心底

堂々と思い、

 

 

 

f:id:mariko19821019:20190423235501j:image 

 

 

そんな場所に6歳から住めるなんて

あんた、強運だよ

幼い頃から、素敵な当たり前の風景を見る目を養う事は、多分すごく凄いこと。

そして、呼んでくれてありがとうと。

 

 

この世界は美しいね。と感じるから

 

 

人は見たいものを見ていていいんだから。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20190423222017j:image

恐れ多くも近所となった成就院

なんだ、この花の圧倒的な美しさは。

どうしたらそんなに美しく生きれるんだ。

 

 

 

近所にお店が少ないのもあるけれど、

目に見えて

激しかった娘の物欲が減った。

 

私自身も、今までの人生でこんなに服を買ってない時期はなかったんじゃないかな。

 

 

毎日、目に見えるものが素敵だから、

買い物とか旅行とか考えなくなった。

 

 

極楽寺

 

 

今日知ったことは、

 

子育ての神様を祀るお寺だったということ。

 

 

あぁ、だからか。

 

そうだったのか。

 

 

 

わたし、知らなかったけど、わかっていたよ。

 

 

 

昨日の家庭訪問

 

担任から、

 

「素晴らしい校長先生なんです。私達もいつも幸せです。この小学校にして間違いないです。」と聞く。

 

 

先生は、その後もリュックサックを背負って

履き慣らしたスニーカーで

楽しそうに次の家に向かう。

 

 

心の底から、あぁ良かった。

 

 

色んな人がいたけれど、今、この土地を選べてよかった。出会えてよかったと感じて。

 

 

 

あと1週間で平成が終わる。

 

 

 

そんな時に来たんだなぁ。

 

 

美しい世界へ、これからも

苦から極楽に。苦労からわくわくに。

 

 

好きなものに囲まれよう。

 

 

色んな事はあるけれど、

大丈夫だから、

もう怖がる必要はないはずだから、

 

これでもかと湧き上がる不安や恐怖も

糧にしながら、怖がらず、堂々と

 

 

必ず大丈夫だから

美しい世界にいてもいいのだから

 

新しい目を持って

新時代を生きていこう。

 

 

 

 

 

#友達に鎌倉親善大使にでもなりゃいーじゃんと笑われる

自然の中で都会的なセンス。

 

朝、娘が学校に行く前に、

 

 

靴下なんかを取りに行くので、

家の二階に上がると、窓から森の木々が綺麗に見える。

 

 

思わず、ほんとに思わず

 

 

極楽寺の神さま。今日も学校でマコが楽しく過ごせますように。」

 

 

とお願いをしてしまう。

 

 

誰に何に、なにを願ってるのか笑っちゃうんだけど、

大いなる力とか言うと怪しさ満開なんだけど、

 

 

マジでそんな何かに祈る。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20190418084232j:image

 

 

 

そんな何か大きな力に動かされ

 

偶然にも学校まで一緒に行く事になった小学校4年生の女の子は、

 

たぶん、中身は140歳レベルの成熟度だ。

 

 

 

俄然、慣れない、だけど大好きなお姉ちゃん。でも、何を話しかけられても緘黙体制の娘に優しく優しく声かけをしている。

 

 

「大丈夫だよ。心の中でいっぱいお話ししてるから。」

 

 

 

近所の人。

例えば、車で来た時、こちらが自転車でちょっとどいた時なんかのちょっとした会釈なんかが、いちいち品があって、素敵だ。

 

 

独身女性らしきOLさんでも、子供といると、そっと声もかけてくれたり。

 

 

だけど、深入りはしないというか。

 

 

気持ちよく少し会話をしたら、

さっと離れるみたいな、

 

 

 

この離れ具合。

 

 

去り具合。

 

 

決して入り込んでこない。

 

 

互いが個人で成り立っている、

だけど、無関係ではなく、気持ちよく生活する。

こういうの、都会的だなぁ。

気持ちいいなぁと。

 

 

そうだね。人に依存せずに、まずは自分の世界を生きようと改めて思う。

 

 

f:id:mariko19821019:20190418091023j:image

#自然の中で都会的センス

 

 

ブラックホールの話。

 

最近、世界で初めてブラックホールの写真を望遠鏡で撮れた事がニュースになってたので

 

 

この宇宙のブラックホールについて

 

少し調べてみたら、

 

 

 

やっぱりスゴイね。

 

 

過去の記憶はそのままに

どんどん広がっていく性質を持っている。

 

 

って事は、

 

 

やっぱり自分の中から出てくる

欲求には応えてあげて

どんどん拡大するのが自然な事なんだな。

 

 

 

極楽寺が、素晴らしすぎて、

 

 

「ちょっと自分には贅沢かな、、」

「居ていいのかしら、、戻る気なんて皆無だけど。」

「後から困るかな、、」

 

 

なんていうダサい気持ちが生まれてきちゃう時もあって。

 

 

でも、全然大丈夫。

 

 

足るを知らずにゆきましょう。

愛と感謝を超えてこう。

ほんとの宇宙を知る為に。

 

 

f:id:mariko19821019:20190412173959j:image

 

 

 

安心。

 

1人の子供に対して、

 

大人によってこんなに対応が違うのなら、

 

環境によって、こんなに違うのなら、

 

 

 

正解なんてものは一切ないんだから、

 

 

生きづらさを感じているのなら

 

 

そんなに真面目に自分を責めないでほしい。

 

 

もし、体力があって、気が向けば、

もしくは、そんな気分になれた時でいいのだから、居心地いい世界にどんどん進んでいければいい。

 

 

今のちっちゃな世界では、おかしい事でも

お隣の街ではスタンダードだったりするかもよ?

 

 

だけど、おかしいって言われたことを

無かった事にはしないで、肥料にする。

悩んだ事を話して、

こうしたい!って事を開示すると

 

 

ちゃんと対応してくれるプロもいる。

 

 

昔と比べて、日本は、

かなり手厚く対応してくれるようになってると思う。

 

 

★★★

 

 

 

時もある。

 

 

あまり期待しすぎるのは

キモい。

 

 

以前住んでいた保育園からは、

 

 

年長の1年間

 

 

「話せないのはなぜだろう。」「小学校入ってから困りますよ。」

 

 

と言われ続けて、しんどかったなー。

 

 

 

このままこの辺のマンモス小学校に行って、

自然もない中、クラスの3人に1人は私立中学に行くから、自分達も塾通いをする、、

駅近マンションに習い事いっぱいの

高収入の親たち。

 

 

 

だからやっぱり、同調が求められるし、

 

 

 

競争が強い。

 

 

 

みたいなものに、私はどうしても馴染めなく感じた。私は。

あくまでも私の場合は。

 

 

何を好むかの趣味は違っても、

仲良くしてきた大好きな親子が沢山いるから、

街自体、を悪く言いたくない。

だから、偽善者になってもいいのなら、

 

 

 

マジで私の場合は。と強く言っとく。

 

 

 

 

鎌倉に来てからは、

 

 

小学校の先生も、学童の先生も、

 

 

具体的なヘルプをしてくれながらの、

 

 

「大丈夫です。」

「本当に頑張っていますよ。」

 

 

 

と言ってくれる。

長谷の大仏みたいに、

どーんと構えて、優しく微笑みながら

見守っていてくれる。

 

 

 

朝一緒に行ってくれる小4の女の子。

 

 

 

今朝、緊張してなかなか応答できない娘に

 

 

 

「大丈夫だよ。わかるよ。心の中ではいっぱい話しているから。」

 

 

 

と言う。

 

 

娘も、一度も行きたくないと言ったことはなく、楽しんでいる。

 

 

f:id:mariko19821019:20190412090848j:image

 

 

あー良かったなぁ。

本当に良かった。

 

 

 

 

 

 

ゆっくりゆっくりゆきましょう

 

鎌倉 極楽寺で見つけた今の賃貸物件の立地が素晴らしすぎて、永久にここに居たい。

と空を飛ぶトンビを眺めながら毎日思う。

 

f:id:mariko19821019:20190409002210j:image

f:id:mariko19821019:20190409001233j:image

f:id:mariko19821019:20190409002254j:image

 

 

 

 

今のお家の場所は少し変わっている。

かなりクルマが通り抜けにくい細道の先に

開けた一画があって、そこに

今の大家さんのお家が三軒あって。

そのうちの一つに住んでいる。

裏はハイキングコース。

森に囲まれた一画になっている。

 

 

だけど、30年振りにまた新しく二軒の家を建てるそうなので、いま区画整備中。

もしかしたら、リビングからの景色は今だけの期間限定かもしれない。

 

 

きっと家って、不安やこうあるべきっていう常識から買うものじゃなくて、欲しいなー‼️ってただそれだけの動機で買うものなんだろうなぁ、そもそもは。と腑に落ちる。

 

 

私が家を欲しい理由は、今だと「不安」と「損得勘定」からしか来ないから、

近いうちに、「これ欲しいー‼️」って思える事もあるのかな。

 

 

 

★★★

 

 

 

昨日は、藤沢の巨大ショッピングモールまで出かけた。娘の学校で使うものを買いに行く為に。

 

 

一瞬は楽しいけど、また疲れちゃって。

 

 

散々、自分は買い物してきたくせに、

 

 

今はもう、お金を使って楽しむ遊びに辟易してしまう。

 

 

消費で満たす遊びが苦手になった、本当に。

 

 

今は、海はタダだし、景色も散歩もタダだ。

 

凄いことだよなと思う。

 

 

本物って、わりと値段にはまる事がないんだ。

 

 

でもこれも、人それぞれ今の好みの話。

 

利便性にだって美しさは普遍的にあるのだから。

 

 

「鎌倉に住んでいる」

 

と聞いた人の反応が面白い。

 

 

「いいなー‼️」って言う人もいれば

 

「超不便じゃんーー!」

って人も多い。

 

 

 

 

つくづく、好みなんだよなー。

 

 

自分の好きは相手の好きではない。

 

 

だからこそ、

 

 

自分の声を優先していきたいし、

できてると思う。

 

 

 

学童の主任さんが繰り返して言ってくれる事がある。

 

 

きっと今は頑張ってるんです。

頑張りすぎちゃうと、溢れてしまう時が来るんです。

 

 

だから、ゆっくり過ごしましょうね

 

 

ゆっくりでいいですよ

ゆっくりゆっくりゆきましょう