もうすぐ鎌倉移住するよ

夫と6歳の娘の3人暮らし。日々を書き綴っています。

日本舞踊。

 

鎌倉の鶴岡八幡宮の敷地の中には

数々の素晴らしい建築があり、

その中に「研修道場」というものがある。

 

研修道場の奥にも神様がいらっしゃるので、

 

道場の玄関に入ったら、正面に向かって

一礼をするのが流儀。

 

 

そこには、凛とした空気が漂っている。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20190714135916j:image

 

 

 

弓道場も美しくて。

 

 

f:id:mariko19821019:20190714135942j:image

 

 

 

 

★★★

 

 

 

 

突然、なに?

 

 

なんだが、

 

 

実は、昨日から娘は、10回にわたる

日本舞踊教室に通っている。

 

 

今回お世話になる先生

宗家西川流評議員、鎌倉芸能連盟副会長
昭和44年に宗家西川流名取り、昭和48年に師範となり、日本舞踊稽古所を開設、以降、横浜、鎌倉の稽古所で多くの方々の指導をしてまいりました。一方、昭和52年岸田今日子橋爪功らによる演劇集団「円」の創立時に劇団員になると共に、俳優養成所の講師に就任し 、俳優を志す研究生に日本舞踊を教えてまいりました。 
 平成 4年に人間国宝西川流十世宗家 西川扇藏師の直門弟子となった後、平成 14年より鎌倉鶴岡八幡宮立秋祭にて、西川翠扇社中による奉納舞踊を続けております。また、NHK 大河ドラマや CM 等の所作指導、文化庁助成事業の伝統文化鎌倉こども日本舞踊教室の主宰など、 後進の育成に力を尽くしております。

 

 

着物姿の先生の佇まいや言葉が美しく、

そこには、女性独自の美しい強さや洗練された厳しさがあって、

 

あぁ、日本ってこんなに素敵な国なんだ。

あぁ、女性って、こんなに強くて美しいのか。

 

 

って思った練習2日目。

 

 

礼儀や挨拶が重視されるから、

 

 

身体が硬直してしまって動けなかったり、

声が出ない娘の事を言ったら、

 

 

「まずは、やってみたら宜しいのではないかしら?」

 

 

の先生の言葉はしっかり大正解に、

楽しく通っている。

 

 

夫はよく、へし折った誤解を招く発言を言ってしまうんだけど、

 

 

今回は先生に、

 

 

「(娘が)うまくいかない事あっても

気にしないでください〜」

 

って言いやがったんだけど、

 

 

すかさず先生が

 

 

「気にしますよ。しっかりと気をかけながらやっていきますね。」

 

 

と返してくれた。

 

 

 

そこには、強く温かいお人柄が溢れていた。

 

 

 

10回も練習があるんだけど、

月謝などは発生しない。

 

 

文化庁からの支援で、無料で鎌倉の子供達が

一流の先生に教えてもらえる今回の日本舞踊。

 

 

 

ここでもまた、鎌倉の良さを感じています。

 

 

 

今日の先生の言葉

 

 

「わからなくてもいいから、わたくしを見て

集中してください。必ず自然に身体に入っていきますから。」

 

 

というもの。

 

 

 

うん、確かに入ってきた。

(わたしも真剣に聞いて後ろで踊っている)

 

 

 

あー。面白いな。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20190714141744j:image

 

帰りは必ず鯉の餌を買って

八幡宮内の鯉にあげてる。

 

 

 

これは、今年の夏のチャレンジの一つ。

 

 

やって良かったな。

 

最近。

 

今年の鎌倉花火大会が素晴らしかった。

 

梅雨時期、花火大会のこの1日だけ不思議と快晴で。

 

鎌倉に来てからこういう事が多い。

 

絶対雨予報の運動会の日。開催時間になって

晴れてくるとか。

 

お神輿の時間に雨が止むとか。

 

 

f:id:mariko19821019:20190712105806j:image

 

 

 

 

鎌倉花火大会。

 

海を望んで見る花火はとても美しく

 

これから夏が始まるよ!!

 

という、鎌倉独特の夏始めの

スタートに見えた。

 

 

由比ガ浜は、観光客でごった返していたけれど

わたし達が向かった坂の下は、

とても空いていてベストポジションだった。

 

 

そして、帰りは、家まですぐに歩いて帰れるという素晴らしさ。

 

 

帰り、大混雑の江ノ電に乗り込む沢山の人達の様子を見て、

 

 

贅沢な場所に住めてるし

贅沢な場所を選んだ。

 

 

わたしは、選んだ。

 

 

 

と不思議な気持ちになった。

 

 

花火は、邪気を浄化する気がして、

さぁ、夏を楽しもうと

そんな気持ちになった。

 

 

★★★

 

 

 

 

娘の「場面緘黙」の様子が心配で心配で、

場面緘黙って、行動にも規制がかかるのよ。

だから、毎日やりにくさを感じる。

 

 

休み時間も1人で過ごしてるんだなー。

話せないって辛いだろうなと

登校拒否になっちゃうのかなー。

 

 

みたいな悩みは絶えず、

 

 

そんな中、

 

専門的な本を読んでみたり、

先生に掛け合ったり、

 

手と手を取り合ってやっていきましょうと

言い合ったり、

 

もう全然、学校に対して

遠慮して嫌われないようにしてる自分もいたりと

 

そんなだけど、

 

 

毎朝、不思議と嫌がる事なく

学校に向かう娘を見て、

 

 

その健気な淡々とした凛とした

颯爽さから、

 

 

 

私は、彼女に呪いをかけてるな。

 

呪いをかけ続けている。

 

 

そんな風に思った。

 

 

f:id:mariko19821019:20190712110110j:image

 

 

心配という名の呪いを。

 

これに対しては、大事な自分にも

この老害め。

クソが。

と思う。

 

 

具体的なジャブは必要だ。

 

見守ると言う名の偽善者ぶった放棄もある。

 

だけど、私が参ってどうする。

 

 

彼女の人生。

具体的なジャブを打ちつつ、

信じて見守れと、

人の生きる力を信じろと。

 

 

言うのは非常に簡単で

ちゃんちゃら綺麗事なこの事を

 

 

決意した。

 

 

(しようとしている。)

 

 

選んだ。

 

 

自分が選ぶ。

 

 

 

★★★

 

 

 

 

続きまして 

 

 

自分の仕事について

 

 

完全に、新しく沢山の人達と関わって働くのが

ダルいので、

 

 

やっぱり自分ビジネスだー!

と思って、

ネットショップを開設し始めた。

 

 

バスソルトを売るつもりです。

 

材料はもう買ったので、

 

あとは作るだけ。

 

 

色々、完成次第、またブログでもお知らせします^_^^_^

 

 

 

 

 

 

 

パーリーピーポー🎶鎌倉に来る。

 

先日の土曜日に保育園時代の親子2組が

うちに泊まりにきた。

 

仲は良いけど、よくよく思えば、そこまで深い仲ではなかったので、いきなり泊まりって言ってきたのが少し重かったけど、持ち前の私自身の人の良さで、いいよ〜★とか言って、

とにかく頑張って準備をしてしまった。

 

 

が。来る時間すら連絡が遅く、

来る時間にも遅刻。水族館で待ちぼうけ。

 

 

でも、娘が、久しぶりに気兼ねなくお友達と遊べると思って。

(余計なお世話だね)

 

 

 

だけど。

 

 

とにかくこの遊びに来た親子さんの色んなマナーが酷かった。詳細はへし折るけど、

時間的な事や発言。うちの夫にずっと子守をさせようとしたり、もともと、パーティーピーポー的な要素がある人で、常に今を損なく動き回りたい!!みたいな雰囲気が、そりゃもうダサくて、合わなくて、疲れた。

 

 

一流企業に勤めててもこんなもんなんだよなー。人によっては。

 

 

「パーティーピーポー」

 

常に仲間と輪を作り、

日々飲み会をを催し、暇があれば、予定をぎっしり詰め込み、余白なく今をエンジョイする人々の総称。または皮肉の代名詞。

旅行なんかの仕方を見ると、主にアジア圏に多く見られる。(気がする)

 

 

十分、わかっちゃいたけど、

「私たち」に会いに来たんじゃなくて

「鎌倉」に会いに来たい為の「私たち」

だったわけで。

 

 

面白いことに、

 

 

観光地に住むと、

 

 

すごい勢いで、知り合いの中の「パーリーピーポー」はとにかく遊びに来たがる。

 

 

観光地バンパイア。

安く遊べるぞ★族。

 

 

もちろん、もちろん、遠くからわざわざ来てくれる、ちゃんと良識ある友人達のが多くて、

 

 

それは、とても楽しい時間になるのだけど、

 

 

「娘のため」とか言って、

同じ保育園だったお友達だからって、

 

なんかすごく間違えた。

 

 

で、面白いのは、娘も微妙そうな感じだった事。

 

 

しっかり波動は合わずに、

ぐったり疲れて、

娘も昨日は、学校が終わって7時に寝ちゃったよ。

 

 

f:id:mariko19821019:20190618084622j:image

 

「海」が楽しかったんだ。

人じゃなくて「場所」が。

 

 

 

すごく不快な出来事だったんだけど、

でも、彼らが帰った今が快適で、

 

 

「あぁ、もう、静かにやっていくべきだな。」

 

っていう、今の暮らしに対する自信というか、確信が出てきた。

 

「ここで、静かにやっていきます。」

 

 

それがとても自分には収穫で。

 

 

もう、無駄に人に会わない方がより良い。

静かに暮らすのがとにかく心地よい。

 

 

パーリーピーポーが、

 

 

今はかなりゆるゆるタイムで働く私に、

 

 

えー?じゃあ普段なにするの!?

 

 

と言ってきて、お互い不思議だったけど、

それが面白かった。

不思議なままでゆきましょう。

 

 

今学校で、娘はうまく友達が作れないんだけど、大人になればなるほど、

改めて、友達っていらないよなぁ。

 

 

 

強いて言えば、

 

 

魂が揺さぶられる、居心地の良さや、

何かのキーパーソンのような出会い。

 

 

そんなものに出会えたら素敵だけど、

 

 

もう、それすら、どーでもいいね。

 

もう、どれだけ、外に期待したら気がすむんだ。

 

 

自分を生きる。

 

 

不安がらなくても、

方法や答えは全部自分の中にあるし、

 

 

自分の中だけで、生きていくと

本物たちも寄ってきたり。

 

 

 

ノイズは消して、

 

 

静かに籠る。

 

 

あぁ〜

そう考えると、ステキなお家が欲しいかもな〜。

 

 

外に答えなんてなくて、

全てはちゃんと自分の中にあるのだから、

自分に頼ろう

 

 

1人で生きてこう

 

 

成果を出すんじゃなくて、

地味な毎日を丁寧に楽しんでたら

成果って呼ばれてるものが出てた。

 

 

「可愛そう」なんて、決めつけずに

 

 

毎日色んな魔法がかかって

きっと上手くいく

 

 

 

最後まで地球は優しかった。

 

 

大丈夫。

 

 

全部自分が持っていた。

 

 

 

 

f:id:mariko19821019:20190618085719j:image

引っ越してきてから植えた小さな

3株のお花たちが、おっきくなりすぎて、

毎日、モンシロチョウが飛んできます。

 

f:id:mariko19821019:20190618092837j:image

薔薇が一気に咲く。

 

 

春からガーデニングをやってきた感想としては、まぁまぁ楽しかった!水やりがんばった!

夫のが植物に興味あるってのが大発見。

いつも、野菜の実の様子を気にしてて

ウケる。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20190618092639j:image

極楽寺の紫陽花。

 

 

場面緘黙症。

 

私の娘は、

 

 

場面緘黙症」だ。

 

 

例えば、家や昔からの慣れ親しんだ一部の人とは普通に会話をするけど、

 

 

それ以外の人に声を出すことができない。

 

 

それは、保育園時代からで、

「人見知り」や「恥ずかしがり屋」

とはまた違うものがあった。

 

 

場面緘黙症は、不安症の一つであると言う。

 

 

普段の生活の中でも、

同じ家の中で私が居なくなると

すぐに、大声で呼び、私を探す。

1人で普通にスタートができない事。

それは例えば、新一年生として1人で学校に行く事や、普通に遊んでくる〜と言って1人で家のお庭で遊ぶこととか。

必ず、私と一緒にが求められる。

 

 

だから、やっぱり、引っ越してきてからも、

学校では、一言も喋れない現状がある。

それは、挨拶はもちろんのこと、誰かの問いかけに対しても声で応答ができない。

 

それに伴う人間関係。友達関係。

 

 

今朝、私も一緒に学校に行ってる小2の女の子から、

 

「なんで話さないの?私のこと嫌い?」と聞かれる。

 

 

当然の反応だ。

 

 

娘もよく私に、

 

 

「なんで、みんなあんなに声出せるの?

私、出せないんだよね。」と言う。

 

 

だけど、入学以来、

一度も学校や学童に行き渋ることなく、

彼女は、淡々と通っている。

 

 

雰囲気がいいのか、周りの子も優しいのか、

 

 

私はそれを、極楽寺の神様の計らいだと思ってる。

 

学童の心温かい職員さん達は、

 

「彼女のがんばりですよ。本当に頑張っていますよ。」と言う。

 

 

だけど、最近、日々、何かしらで場面緘黙によって起こる些細な人間模様にも疲れたのであろう。私は、

 

まだ一年生だから、たまたまの今なのでは。

これから、本人の成長と共に二次的な問題に繋がっていくのでは。不登校やひきこもりとか、、

と先々の心配を過剰にしている。

心配しすぎて、最近、寝てばかりだ。

現実逃避に昼寝は最高。

 

 

f:id:mariko19821019:20190606001604j:image

 

 

 

何かこう、予感的なもので、

 

もしかしたら、娘は、

王道コースでは行けないのではないかな。。

 

と感じる。

 

 

でも心配すると共に、

 

 

例えば、普通の学校が無理になったら、

それはそれで、別の世界を探すの、大いにアリだなと思ってたりもする。

現に参加してみたいものもいくつかある。

学び場は、他にもある。

 

それは、とても勇気のいる、世間とは違う道を行く大冒険だ。

まだまだまだ、私の中でも「普通」であることへの「安心」は拭えない。

 

だってさ。楽なのがいいじゃん。って思う。

当たり前に溢れてる、なんの苦労もなく学校生活できちゃう子達。

ハッシュタグに#学校大好き

とか、ふつーに入れる多数派部族たち。

 

 

こんなに考えずにすむんだなー

いいよなーとも思う。

 

 

だって。自分でない人の事を悩むほど

無謀で難解な事ってないじゃない。

 

何か過去に原因が、、

なんて自分を責めがちになるじゃない。

 

でも、そんなんも意味ないじゃない。

 

 

 

だけど、

 

子供の症状は親へのメッセージだと言う。

 

 

この状況を見ながら

私は私になんて声をかけてあげたいか。

 

 

もっというと、

 

 

私が、すげー尊敬しちゃうあの人だったら

私になんて声かけてあげたい?

 

 

 

★★★

 

 

 

「いいじゃん、人にどう思われたって。

自分だけの世界でいいんだよ。」

 

「私さえ堂々とやりたいように輝いてたらそれでいいんだ。」

 

 

 

f:id:mariko19821019:20190606001650j:image

 

 

 

そして、具体的にまた、

 

場面緘黙症への対応みたいなこともあるので

 

 

それも踏まえて、科学的数学的スピリチュアルでいきたいなとも思ってる。

 

 

以前にお世話になった保育士さんのことば。

 

 

「ほっておいては、だめで。手を差し出しあとは待ちながら、笑いながら。」

 

 

それは、本当に本当に高度だけれど。

 

 

私は、娘がいなければ、この鎌倉に引っ越してくる事もなかった。

 

 

不思議な関係である。

 

 

昨日、娘が言った言葉で印象的なことがあって。

 

 

「地球にね、びゅーーーんって降りてきたときね、その時の気持ち、すっごく嬉しくてたまらなかった。」

 

 

って言葉。

 

 

そっか。嬉しくて嬉しくてわくわくしながら来たんだな。

 

 

ふふふ。だけど、想像以上にこの地球は凄かったから、緘黙で心を調整してるのかもな。

 

f:id:mariko19821019:20190606004228j:image

 

 

 

 

 

 

個人事業主って。

 

突然だけど、

個人事業主になりたくて、

何やるかを決めてないのに、

雇われの会社で個人事業主の開業について

めっちゃ調べている。

 

 

経費というものがある。

 

 

例えば仮に自宅を事務所にした場合、

家賃や光熱費なども一部経費として

計上できる。

 

で、私は、生活費を得したいとか

そういうケチくせー事を言いたいわけじゃない。

 

「生活を仕事にしたい。」

「仕事とプライベートをいちいちわけたくない。」

 

と日々強く感じてきていて、パンクしそうなのだ。

 

 

あと、今住んでるお家が

ひじょーに、何かこう、商売向けなのだ。

 

こんな気持ちの良いロケーション。

神様の宿る極楽寺

 

 

こう、何かをしたくなるのだ。

 

 

現に、お隣さんの旦那さんは

自宅でイングリッシュスクールをしている。

 

私は、引っ越してきてからというもの、

いいなぁ〜いいなぁ〜と毎日ヨダレ沙汰で見てる。

 

 

人柄が良いからてあろう、ちょくちょくお客さんが来て、笑いながら談笑していて。

 

 

朝は、窓を全開にして素敵な音楽を流していて。

 

素敵な植木がいっぱいあって。

 

私達に余裕のある笑みで振り返る。

 

奥さんとも毎晩、穏やかにゆっくり話していて。

 

 

 

こういう世界もある。

 

 

これも現実なんだ。

これが現実なんだ。

 

 

 

私は、過去に何度も

自分で仕事したいなって思っていて、

(パーソナルスタイリストとかさ)

 

でも、いつだって

行動に移せなかったし、どうしていいかもわからないまま終わっていて。

 

 

この事が、わたし、今生で

1番後悔してる‼️笑

 

 

あらゆる私の思想がズレていないのなら、

きっと、もっとお金の循環があるはずなんだよな。

 

 

「お金が足りないなぁ〜。」というのは、

私の何かがこじれてるわけで、

 

この矛盾に対し、私はいつもいつも

苦しかったんだと思う。

 

 

「お金はないけど幸せだよ。十分だよ。」

 

の思想は平成に置いてきたよ。

 

 

とりあえずは、

開業届なるものを出したいと思う。

 

っていうと、凄い事みたいだけど、

違うよ。メルカリレベルの事でいいのよ。

個人で全部決めていく手順を経験していく。

 

 

冴えねーやつから言わせれば

 

 

「そんな甘くないって。」

 

「一部の人なんだよな。できるのは。」

 

 

なんだけど、今ってさ、

何かが「叶う。」スピードも凄まじく早い。

 

 

 

だから、わたし、やってみるー‼️‼️

 

 

ブログタイトル変えなきゃな。

 

鎌倉に移住したしな。

 

 

「もうすぐ個人事業主になるよ。」

 

 

 

f:id:mariko19821019:20190528133120j:image

びゅ〜〜〜ん。

 

朝から暴風で風がびゅ〜〜〜〜んと吹き荒れる中、小学1年の娘と小4のマザーテレサと小2のかわい子ちゃんと私で学校まで向かう。

 

 

娘の傘が3回、ひっくり返って逆向きになった。

 

 

★★★

 

 

最近、思うあれこれを綴ります。

 

 

世の中が目に見えて変わってきたなーとますます感じる件。

 

 

TOYOTAの終身雇用撤廃、転勤制度廃止。

 

 

ベビーシッターで月額100万越えの人達がばんばか出てきたり。

 

AIが仕事を奪うのではないっぽいわ。

 

医者は今ほどすごい存在じゃなくなるけど、

看護師はそのまま。先生っていうポジションは微妙になってきたけど、

ベビーシッターさんが日々大活躍になってきたり。

 

 

「権威」的なものっていうのかなぁ、どうやら

なんかそういうのが薄くなるっぽいわ。

 

 

 

そう考えると、主婦業これからいいかもね〜

 

 

今まで、なんとなーく、社会ではいまいち評価されなかったような事に関心がグーっとシフトしていくような。

 

中間でぶらり〜んな今までも

いい感じかも。

 

 

だからね、色んな事。

意味ないと思わなくてもいいね。

 

 

もっと自信持って毎日を過ごすわ。

 

 

お金を生まなきゃ意味がない訳じゃないです。

生み出したいけど。自分のペースで。

 

 

あー。あと、最近の変わりよう。

親より稼ぐ小中学生の激増。

 

 

もう、若者の邪魔だけはしたくないと今から思っています。

 

 

24時間労働のコンビニ営業も少なくなる動き。

 

誰かを無理に働かせて利益を得る手法は

もう限界っぽい。

 

キャッシュレス化。

 

仕事に合わせて住居を選ぶ人の激減。

 

月4万で全国住み放題サービスが開始された事。

 

 

 

ほんとに変わって変わって

今朝の突風みたい。

 

 

びゅ〜〜〜〜〜〜ん。

 

 

 

 

★★★

 

 

★★

 

 

今、生きかたを、問われてるのだと思う。

 

この想いに賛同してくれる人たちとともに、毎日を、光り輝く、美しいものにしたい。

 

美しく走る。

 

Be a driver.

 

 

 

Mazda

 

 

会社帰りに電車で見た広告が

なんか良かった

 

 

 

f:id:mariko19821019:20190521154334j:image

 

 

 

 

★★★

 

順調すぎて書く事がない。

 

 

きっと、空でもそんな事を思って

この地球に来てしまったのかな。なんて言うと

スピリチュアル気味でダメかな。

でもそう思う。

 

 

 

5月、海がとても綺麗だ。

 

f:id:mariko19821019:20190517114346j:image

 

 

5月、ますます極楽寺は美しい。

 

f:id:mariko19821019:20190517115149j:image

 

 

順調すぎて、快適すぎて

頭が飽きてしまう時があって、

 

そんな時、

もう私ったら労働者思考♩って思う。

 

 

すぐに次やる事リストとか考えてしまう。

 

 

来年くらいには、

やりたいことリストじゃなくて、

もう、バカみたいに止まらないことリストを出したいと思ってる。

 

 

はい、でもとりあえず

 

 

★夏休み、娘をおもいっきし自然と遊ばせてみたい。とにかく、友達と遊びたい時で、

だけど、まだそこまでのお友達がいないのが歯がゆい。ノリの悪い私だと日々足らない。

周りは、遊びの宝庫だってのにー!!!

ぎぃ〜〜歯がゆい。

(友達募集中。)

 

★食器棚欲しい。あとソファーで寝るの辞めたいからベッドが欲しい。6月に保育園時代の友達が来るから、それまでにお洒落な家にしてみたい。

 

鎌倉山、北鎌倉を巡りたい

 

★自分ビジネスをしたい。生活を仕事にしたい。

 

 

と思ったり、忘れたりしてる。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20190518003243j:image

 

 

目に見える成果と

目に見えない成果。

 

 

大丈夫。ほんとは、生きてるだけで大丈夫なのに。

 

 

随分とつまらぬ大人になってしまった。

 

だけど、随分と遠くまで来れた。

 

 

戻るべきさじ加減は、

 

6歳くらいの子どもの姿だなって感じて

笑っちゃう。

 

 

私達の中に染み付いた

あらゆる「労働者魂」って、

抜けるのかな。

 

でも、そもそも抜く必要ってあるのかなぁ。

 

 

なんて事も最近よく考える。

 

 

私達のルーツを知りたいな。