もうすぐ鎌倉移住するよ

夫と5歳の娘の3人暮らし。日々を書き綴っています。

ネガティブ投稿。

 

超えるとか言っときながら、

まるで、超えられない。

 

 

ここ数日、とても落ち込んでいる。

 

 

私には、必死で大丈夫そうな方向に持っていこうとする思考グセがある事に気づく。

 

 

記念受験の事、保育園の発表会の事が発端で、また担任に言われた事、

 

 

自分も自分の子供に自信がなくなっている。

 

 

昨日、娘は、あまり話せない友達から、

 

 

 

「心がない子」

 

 

と言われたらしい。

 

 

本人が、

 

「まこって、心がないの?」と私に聞いてきた。

 

 

ないわけ無い。そんなんは当たり前だ。

 

 

だけど、特定の友達以外だと、反応しない時があるから、それを言われたんだと思う。

 

 

朝、みんなは、教室に1人で入って準備をする。おはようって言えば、おはようって返ってくる。

 

 

 

娘は、それがない。

 

 

 

こんなに、グズグズ思うんだったら、

発達の先生に診てもらえば良かったんだと今日は真剣に後悔した。

 

 

世間が言うように、

集団生活に馴染むように、少しの工夫をさせる方法をとるのは彼女の為なのかもしれなかったじゃないか。

 

 

自分の考えにまるで自信がなくなっている。

 

 

素直にやるのも方法なんだ。スタンダードでいいじゃないか。

ひねくれてるのはどっちだ。

 

 

 

担任からは、周りからはわからないような嫌な態度を取られる。

 

 

これは、こういう人なんだろうか。

いや、それにしたって。

 

 

もうわからない。

 

 

毎朝、毎夕、他の親とは楽しく話すのに、

私の事は、まるで無視の態度だ。

 

 

猛烈に腹がたつ。

 

 

それが半年以上。

 

 

気にしないと思ってきたけど、

そこそこ溜まってたよ。そりゃそうだよ。

 

 

 

なんか、とても大切な子供の1年が。と思って悲しい。

 

 

 

素敵に卒園したい。

 

 

 

★★★

 

 

 

もう、ちょっと落ち込むなー

猛烈に暗い。

 

 

 

でも、ちゃんと落ち込もうと思えたのは発見だった。

 

 

常に、いまやるべき事は。正解は。と探すんだけど、

 

 

保留にしておこうと思えた事。

 

 

ちゃんと落ち込もうと思った。

 

 

必ず、答えは出るから。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20181115180159j:image

超える。

 

1歳半の子供がいる大学時代の友達から、

 

「ゆっくり電話できる時間ある??」

 

とLINEがきた。

 

「げ。またか。」

 

これ仕事にならないかなって位に、

友達で、私に話したい人って多いんですけど。

 

 

ほんとにしょっちゅう色んな人から言われるんですけど。

 

 

え?そんな私人が良い??

はたまた才能?

 

 

いずれにしても、もう無償でやるのは嫌だよ。

 

 

 

私、何だかコンセントのプラグみたいな気持ちになる時あるよ。

 

ほんとに、充電したい人で溢れかえってるよ。

 

昔からの馴染みだからって変だよ。

きっと家族間でもそうなんだね。

 

 

義理や恩とか、そういうの、

もう未来にはいらないものなんだね。

 

 

だって、やっぱりこちらも時間を使うんだもん。今、見たい映画もあるし、空いてる時間、無いんだもん。

 

 

だから、最近は、有料の個人セッションやりたいなって思う。

 

 

 

★★★

 

でも今日は聞いちゃった★

 

 

友人は、子供が生後半年くらいまでは育児が楽でたまらないとよく言っていた。

 

だけど、最近、どうにもこうにも日々が辛いと。育児が原因か、生活が原因か、

いや、結局全てに原因はあるんだけど、

精神的におかしくなってきた。

と。

 

 

最近まで専業でみっちり育児やってた人は、

何が言いたいかわかるよね。

 

 

彼女は、病院で、メニエール病との診断。

 

 

もう、子供は保育園に預けてしまうのがいい。

絶対に楽になるよね。

 

 

1人で育てる事に無理が出ているのに、

それを続けるのは傲慢。

 

 

いち早く彼女が楽になりますように。

 

 

 

で、私も、

 

 

子供がまだ1歳とか、その時の特有の大変さとか、そんな事も思い出したりして、

 

 

何を思ったかと言うと、

 

 

次は何だって事。

 

 

どうしても、私も、子育て世代真っ最中なもんで、育児の大変さとか、社会の子育て体制とか、そんなもんが、日々気になるし、

実際のとこ、毎日フルスピードで育児をしてるんだけど、

 

 

 

もう、超えたいなっつーの

こーいうの。

 

 

 

子育て真っ最中の人たちの、

大変だけど楽しい投稿も何だか飽きてきた中、

 

 

 

さぁ、私は、次はどうしよう。何しよう。

 

 

次はどう生きようかな。

 

 

って事。

 

 

 

うまく言えないけど、

 

よりでっかくなれそうだ。

 

 

子育て世代なんだけど、

子供にコミットしない、

し過ぎない、

 

 

何かとても楽しい事、していきたい。

 

 

f:id:mariko19821019:20181113235444j:image

最近、半蔵門まで通勤してます。

結果は★

 

今日は、合格発表を見に鎌倉へ。

 

 

 

結果は、ご縁無し★

 

 

 

それ自体で、私はすっきりと、もう一つの小学校に行けるからむしろ嬉しいとすら思っていたんだよね。合格発表を見るまでは。

 

 

私、把握できていなかったんだけど、

この小学校、抽選前には、ほとんどの子が合格者として張り出されるみたいね。

 

 

例えば、今年の女子の受験者数は、150人。

 

 

で。

 

 

抽選前の合格者数は、

 

130人ほど。

 

 

つまり、150人のうち、抽選まで行かなかったのは20人。

 

 

娘は逆に選ばれてしまったのだ。

 

 

ペーパーテストはなく、

 

 

運動や、行動や、質疑応答。

 

 

まだ、大学試験みたいに、ペーパーだけだったら気が楽なんだけど。勉強しなかったから〜って思えるんだけど。

 

 

思わず夫に電話で、

 

「やっぱ保育園の先生の指摘もあったように

なんかあるのかなー。娘。」

 

と言ってしまった。

 

ちょうど昨日、また担任から娘について指摘をもらっていて。それでも、今回の受験をこなせた事は私はすごく嬉しかったのだけど。

 

そんなんもあったりで。

 

だから、やっぱり、

私の中で、まだまだ、この社会で無難にやっていって欲しい。明るく元気がいい。

成功してほしい。みたいなものがあるんだね。

 

 

問題なく、受験を終えられたのに、

そこで良しのはずだったのにね。

 

 

★★★

 

 

 

それで、帰りの武蔵小杉のタワマンを見て、

そこに帰る子供達も見ながら、

 

 

きっとこの人たちは、思考的には多数派で、

今の世界では強いんだ。

それは当たり前だ。多い方が「普通」や「常識」になるんだから。

 

この社会で上手くお金を稼げて、

はつらつと意見を言える人達なのかな。と感じてしまった。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20181110153523j:image

 

 

 

★★★

 

 

 

だからってなんだ。

 

べつに問題ないのに、なんか凹んだ。

 

 

 

ただ一つ、きっと神様は、私に覚悟するように言ってるんだと思う。

 

 

自分の思いを尊重するように。

多数派でなくていい、色んな不便があるかもしれないけれど、自分だけが好きと思える世界に行く覚悟をするように。

 

 

ベクトルをもっともっと自分に向かせるように。

 

 

そして、必ず、魂が震える程のものを得るように。

 

 

よし!!

 

 

極楽寺で決定だな★

 

 

一年生はひとクラスの小学校だから、

きっときっと、色んな大人が手をかけて見てくれる。

 

頼もしい。

 

 

最近は何日かかなり睡眠不足で。

 

 

たくさん寝たら、

 

 

また少数派を頑張ります‼️

 

 

#誇りある少数民族

 

 

 

 

 

パトラッシュ。僕はもう疲れたよ

 

 

2日間に渡る小学校の審査が終わった。

 

 

ここで私はやっと気付いた。

 

 

娘が、かなり成長していた事に。

 

 

なんと、全てが順調にいってしまったのだ。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20181109082724j:image

 

 

 

控え室の教室。

大人でも逃げ出したくなるあの何とも言えない雰囲気の中、受験番号のプレートをつけて、しっかりと深く椅子に腰掛け、

多数の初めましての子供達と共に黒板を見つめていた彼女。

 

 

親と離れる時も、

 

 

「まりちゃん。タッチ。」

 

 

と短文で言い、颯爽と教室に残る。

 

 

考査が終わった後は、手持ちの水筒を斜めがけし、颯爽と良い表情で戻ってきた彼女。

 

 

 

あれは、なんだったんだろう。

 

 

 

保育園では、発達の指摘があって、

随分と私は気にしてしまったが、

 

 

 

なんだ。大丈夫なんだ。新しい環境でも。

 

 

 

審査の内容もそこそこできたとの事。

 

 

 

最後は抽選の力が大きいので、

ご縁があるかはわからないけれど、

 

 

 

色んな小学校を見に行こうと誘い出した事は大成功だったのでは。

 

 

あとは、きっと娘は、素敵な環境をちゃんと引き寄せられるな。と思った。

 

 

 

という事で、

記念受験は完了!

 

 

 

やって良かった。

 

 

 

あとは、疲れちゃった!

両日とも5時起きだし、自分以外の人間をちゃんと動かそうみたいな気持ちになっちゃってた。

 

朝、ちゃんと行って〜とか

この服着て〜とか

この学校はいいはず〜とか。

 

 

随分とパワーを使っちゃった。

 

 

お受験って、

ほんとその事で一日中頭がいっぱいになるんだね。

 

 

その位に我を忘れてしまうような勢いがあるもの。

 

娘の為に、とか、

きっとこの道がいいから、

とかが自然と沢山出てきちゃって、

 

 

それは、ぜひ避けたい感情でもある。

 

 

私が鎌倉に住みたいからなんだけども、

 

 

 

少し、自分を見失った気もして、

 

 

なかなかに難しいものだと感じました。

 

 

この学校は、素晴らしいけど

学童もなく、親と子の連帯を強く求められる。

どうやって働くのか、またしても至難の技だ。

 

 

もういっこの小学校のが気が楽だな。

なんて思いながら。

 

 

 

明日は、結果を見にまた鎌倉まで。

 

 

 

鎌倉もご近所感覚になってきた。

 

 

f:id:mariko19821019:20181109084521j:image

試験が終わると、速攻で私服に着替えた彼女。

足元だけ決まってる。

 

 

記念受験の憂鬱。

 

付属小学校の記念受験が迫ってきている。

 

 

2日間、朝の6時に家を出ないといけないから、

今から娘をいつもより2時間早く起こす試みをしている。

 

 

???

 

 

うそだ。

そのつもりだったが、

親子で全く起きられない。

 

 

試験は明後日。

 

 

ネムネムモードで臨んだらどうなるんだろう。

 

 

 

ここに来て、私は、ものすごく憂鬱だ。

 

 

 

私の趣味で始めたみたいなもんだったのに、

今は、

 

 

とにかく早く終われ。時よ去れ。

 

 

と懇願している。

 

 

当日、娘は、圧倒されて学校に入らない気もする。

 

 

昨日も、いつもと違う髪型をしてというので

おニューの髪型で外に出たら、

人目を気にして、おニューの髪型、元に戻して!!!と懇願した彼女。

 

 

果たして、当日、なんの対策も無しのまま

着慣れないお受験ワンピで

知らない子供達の中、約3時間の試験を

耐えうるものなのだろうか。

 

 

しかも、ハキハキと答えられる子供達が選ばれるという。

 

 

何の罰ゲームだろう。

 

 

と思っちゃって、らちがあかない。

 

 

 

 

★★★

 

 

 

 

まぁ、わかってるんだけどさ。

これも遊びの1つだし、

 

 

娘はきっとこういうの、ダメだろうなって決めつけてしまう自分は、非常にパッとしないので

一応、行ってみる。

 

 

たぶん、色々な学校を見る事は、

それがいきなり三時間に渡る試験だとしても(!!)

娘なりに何か感じるのかもしれない。

 

 

校門のところで帰ってしまっても

それは、後々かなり笑い話となる。

 

 

しかも、私自身の経験にもなるし、

都会ならではの機会かもしれない。

 

 

 

だけど、

 

 

 

なんだろうなぁ。この憂鬱感。

 

 

2日間終わった後の

帰り道が楽しみだ。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20181105122729j:image

 

 

周りに嫌な奴が1人もいない。

 

周りの男性が全員私に優しい。

 

 

1人も嫌だなって人がいない。

本当に全員が全員、良くしてくれる。

 

 

私がやりたい事に対して

邪魔する人が一切いない。

 

 

だから、保育園の親さんの職場のパワハラや、変な上司の話を聞くと、なんだか今は、

遠い異次元の話みたいに思える。

 

 

なんて言うと、くそ嫌味な女だけど、

ほんとにそうなのだ。

 

 

最近、やたら自分は幸せだな〜

 

と思うので、気が変わらないうちに言っとこ。

と思った。

 

 

会社では、

ほんとに、ここは天国なんじゃないかと思う時がある。

場所も、表参道ってやっぱり素敵で、

ほんとーに幸せだ。

 

 

 

夫も一切、私を傷つけるような事は言わないし、

 

 

ブラック企業寄りで、数え切れない女性が喧嘩別れしていった今の会社でも、

 

 

私はものすごーーく大切にされているなぁと感じる。

 

社長も、嫌な顔1つせず、

イレギュラーな私の勤務体制を受け入れてくれる。

 

 

でもつい先週までは、

みんなが辞めていく会社なのに

私ってば10年近くいるなんて、

なんか恥ずかしいみたいな気持ちもあって。

 

 

でもそれって

 

 

外の物差しで見てたなって。

 

 

まだまだ自分を信じてなかったな。

 

 

別に、苦労してまで今の環境を楽しめるようになるまで頑張る!とかは到底全く思わないけど、

 

 

 

1つだけ思うのは、

 

 

 

どこでも天国にできたら最高だし、

そういう自分でいたいなとわかった事。

 

 

そして、たぶん、天国だと感じられたら

 

次に行く時かも。

 

 

今日で表参道勤務も終わり。

 

f:id:mariko19821019:20181102124625j:image

 

 

ラストランチ。笑

 

f:id:mariko19821019:20181102124648j:image

 

 

 

ここ10年近く、

 

この人嫌だなー!

 

 

と真剣に困る人も出てこなくて。

 

 

なんでかな〜と考えた時に、

 

確か、10年前に、ものすごーく強く、

 

 

「私はもう、苦労から学ぶのはやめまーす!!」

 

「楽しい」から学びまーす!

 

 

苦労とか、いやでーす!!

 

 

と真剣に思ったからかな。

 

 

表参道でのアパレル会社、最高だった!天国だった!

 

 

まず、本日より、こちらを手放します。

 

 

 

仕事自体も手放していきます。

 

 

 

 

 

作家さんが住んでた家。

 

説明会を終えて、ここからは、鎌倉移住

第二エリアの極楽寺へ。

 

 

ふと、そうだ!!

以前から気になっていた物件を見に行こう!

と思ったので、実は説明会の前に、ダメ元で不動産屋さんに夕方から内見できないか電話をした。

 

 

結果は、他の予定があってスケジュールが合わなかったけど、

外観だけなら見に行けますという事で、

早速、向かった。

 

 

この不動産屋さんは、

この物件を悪く言う。

 

 

お問い合わせはすごい数なんですけどね。

40段の階段が危ない。近くにスーパーもなく不便。毎日暮らすとなるとどうだか、、

 

 

 

みたいに言う。

 

 

 

でも、最後に、

 

 

「この家、前は作家さんの家だったんですよ。家からあんまり出ない人にはいいかもしれませんね。」

 

 

と聞いて、

わぁ!

やっぱり素敵な物件だと思って。

 

 

 

私も作家になりたいなぁ。

 

もう、あんま家からも出たくないし。

 

そとに外に向かうのではなくて、

自分の世界を充実させて、そこから

自分の見える世界を変えたいと思っていて。

 

 

てなわけで、見る前から、妙に私はこの物件が気に入っている。

 

 

 

そして、実際見に行った感想は。。

 

 

 

ここしかない!!

 

 

って位の好印象。

 

 

f:id:mariko19821019:20181029183543j:image

40段の階段を登った先の玄関。

 

 

f:id:mariko19821019:20181029183549j:image

お庭にも入った。不法侵入。

 

 

 

え?階段も全然、急じゃないし。

不動産屋さんのお坊っちゃん

あんた、どんだけシティーボーイよ!

 

 

あんまり写真とれなかったけど、

高台でよかった。

 

 

坂を登ってこのお家に行く時、

少し遠くに海が見えた。

 

 

年明けまでこのお家が空いてるといいなぁ。

(今から春まで短期間住む人探したり??うーん。。)

 

 

 

今日、鶴岡八幡宮に向かって歩いていた時、

 

 

お金も、仕事も、学校も、健康も、

 

 

理想の場所に移ってから整えてけばいーじゃん。と強く思った。

 

引っ越し費用も莫大だし、

40段の階段だから、引っ越し費用も加算されるって言われたし、

娘は、発達障害疑われる位の場見知り。

 

 

 

でも、大丈夫だよね。

 

 

 

きっと私は稼ぐはずだから、

大丈夫だよ。と夫にも思った。

 

 

だから、負担になるような思いは抱かないでね。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20181029190548j:image

 

帰りは、迷いながら極楽寺から七里ガ浜まで歩く。

 

 

海って浄化されるね。

 

 

 

最近私は、津波を怖がっていたけれど、

生き続ける為のリハーサルじゃなくて、

生きるだけの本番を。

 

 

津波。問題ない。

 

 

と感じたのでした。