鎌倉移住。

夫と6歳の娘の3人暮らし。日々を書き綴っています。

ほんとに そうなのか。

 

4日ぶりに家を出た。

今日は、買い出しに鎌倉駅周辺まで自転車で向かった。

 

 

マスクつけて、日除のサンバイザー付けて

びゅーん。

 

 

毎日、Yahoo!ニュースをそれこそ、オンタイムで真剣に見てた。

 

 

緊急事態宣言が出たよ。

神奈川の対応は?学童は?

学校は?

仕事は??

倒産しちまうんじゃないか??

今日の感染者数は???過去最高って!!

 

 

最初はあまり気にしてなかったっていうか

世界の転換期位に思ってたけど、

 

数日で、それこそあっという間に

見事に報道にのまれ、

 

 

大変な事になってきたな。凄い。

凄いけど怖い。

 

 

守るべき小さい子がいたりすると

真面目ぶるわけじゃないけど

 

 

恐怖の責任感がのしかかってきた。

 

 

都内まで行ってる旦那がコロナに感染したら、それが娘にも感染したら

 

 

とか、

 

 

まじで鬱っぽくなってきた。

(わたしでも)

 

 

 

なのに。

 

 

今日、海沿いをチャリで走ってたら

ズッコけた。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20200409161905j:image

 

 

人々が幸せそうに、サーフィンして

楽しんでる。

 

 

ヨットも少し遠くにたくさん見えて。

 

 

海がキラキラしてる。

いつも通りだ。

 

ほんとにいつも通りなの。

 

 

海沿いの公園では子供達の遊び声が響いてる。

 

 

スーパーには豊富な品物。

 

 

マスクしてるけど、笑顔で歩く人々。

 

 

鎌倉は、街自体が風通しが良いから

外に出やすいのはある。

 

 

 

だけど、ねぇ。

 

 

 

ほんとに、ほんとに、今起こっている事は

 

そんな大変な事で、恐ろしいの???

 

 

もしかして、違うんじゃないの??

 

 

 

安倍さんに対する気持ちが変わった。

 

 

前まで、この人怖いと思ってた。決めてた。

 

 

色んな人から、戦争をやりたい人だと聞いて、私はそのまま信じた。

 

 

でも、なんか違う。

 

 

安倍さんじゃない。

 

 

安倍さん達を批判してる、

ずっと批判してる人達が嫌だなと思った。

 

 

国や会社から通達がないと

止められないって、そうだろうけど

そうじゃないはずだよな、

そうじゃないといいのになと思った。

 

 

 

緊急事態宣言が出される少し前に

社長から

 

「緊急事態宣言が出たら、休みにしてください。安全第一に。」

 

と連絡があった。

 

 

正直、心が随分と楽になった。

 

 

しばらくずっと、自分から言い出さなければという気持ちと戦ってた。

どうせ、この会社は、ちゃんと言ってくれないし。って。

 

自分のやっすい給料と、

都内まで片道2時間電車に乗って通う感染リスクと、

ほんとは自分はどうしたいのかと、

絶対に足りない生活費をどうするか、

 

なんで、いつも自分は、

稼げないショボい大人なんだ。

 

 

だけど、生き方として、

会社に行くか、行かないか、どうするか、

どうしたいか、

自分から、自分から言いたい、決めたい

 

 

だけど、どうしよう。決めらんない。

 

みたいな気持ちと向き合っていた。

 

 

だから、先手を打たれた。

 

 

でも、次には、

もうクビかなと思った。

 

自分は、別になんの役にも立ってないし

無駄に少しずつ働いて、経費がかかる。

 

 

 

とりあえず、連絡を待っていよう。

来月位かなと思っていた矢先、

 

 

今日、社長から連絡があった。

 

 

事態が収まったら連絡をくれと。

大丈夫。遠慮せずに。

 

 

と。

 

 

だから、ねぇ、ほんとに

自分は、会社にとって、ショボい存在だったのか??

 

 

大事に思われてたんじゃないか???

 

 

自分がずっと思ってたこと、

ずっと自分が常識として判断していたこと、

 

 

ほんとに、そうなのか???

 

 

学校は通うもの、ほんとか。

 

立派でいるべき、ほんとか。

 

専門家は知ってる、ほんとか。

 

 

苦労は買ってでもしろ、ほんとか。

 

 

早く休止対象を増やさなければ、関東は

とり返しがつかなくなる、

 

ほんとか。

 

 

当然、こうだろう

もちろん、こう思ってるだろう

 

 

 

ほんとか。

 

 

 

 

 

 

 

今の事をひとつずつ。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20200409165514j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※と言いながら、今また速報を見ちゃって

都内180人にビビった。

旦那は今日も都内で仕事だ。

 

旅行会社で働いてる友人が

バイトを始めた。

 

 

 

現実と事実とのバランスを。

 

 

アラウンド70ジジィ。

 

今日は、何だかあかんかった。

 

f:id:mariko19821019:20200326002545j:image

 

肩が痛い、肩こりレベルがヤバい、

耳鳴りが凄い。

寝る前なんか特に、冷蔵庫みたいなブーんって

低音がずっと鳴る。

 

そもそも、3日位、不眠症で辛い。

眠れない。

 

 

あと、アラウンド70ジジィ達が辛い。

 

 

昨夜、アラウンド70父からの

意味不明の着信やメールに

心底、嫌気が差したくせに

ちゃんと今日、折り返し連絡し、

笑いあいながらLINEをし、

まぁ、父も機嫌良い感じになったし

よかったかな。なんて思ったものの、

 

 

何だか、とても、何かがしんどい。

 

 

そんな日に限って、同じくアラウンド70ジジィの大家から私の携帯に電話があり、

 

 

まぁ内容は、最近、家の敷地内で

スケボーする子供たちがいて

道路が傷つくから、

外の道に封鎖する突っ張り棒みたいなのやったから、歩く時きをつけてねみたいな

内容だったんだけど。

 

 

夕方にわざわざ、ピンポーン。

 

 

出来上がった突っ張り棒を見ながら

私にはよくわからん道の傷を指差しながら、

 

 

「勝手に入ってくる奴が怪我でもしたら

こっちの責任になるんだ。」

 

「スケボーやってた子供達は親も一緒だったらしい。人の敷地でとんでもない。」

 

「私は、そういうものとは

徹底的に戦うんだよ!!」

 

 

(ここらへんで、一緒に来てた大家さんの

奥さんと目が合い、互いに心で笑いあってしまった。)

 

 

そして、大家の話は続くよ、どこまでも。

 

 

「お隣の鎌倉山で、空き巣が入ったらしい。ここらはそんなんないんだけどね。最近は物騒だ。」

 

 

 

みたいな長話を聞く羽目になり、

 

 

アラウンド70じじぃ達って、

なんか、

なんだろうね、普段は優しいけど、

 

たまに、キチガイみたいに

 

ぐぁぁあ〜ーってなるよね。

 

 

男のヒステリ〜って最悪。

 

 

なんでこうなるのかなぁ?と

時代背景と共に考え始めたけど

耳鳴りがし始めて辛いからやめとこ。

 

 

1つ、めっちゃ面白いことがあった。

 

7歳の娘に、

 

大家さんがね〜ここで遊んじゃダメって。ここに住んでる人はいいんだってー。

 

って言ったら、

 

 

★★★

 

 

「住んでる人はいいの?

私はいいの?優しいね。

 

なんか、秘密基地みたくない??

 

入ってきちゃダメーっていうの、

秘密基地なんだよ。」

 

 

って瞬時に返してきた娘に

一生ついて行きたくなった。

 

 

 

じじぃは、それぞれに

小ちゃな大事な秘密基地があるようだ。

 

 

 

 

 

場面緘黙症が持つ才能。

 

 

この前、うちに遊びに来てくれた子と

今日は、江ノ電に乗って

海の見える公園へ。

 

 

f:id:mariko19821019:20200316183151j:image

 

 

行く時にちょうど雨が降ってきて。

 

何度も見た天気予報が外れはじめた。

 

近所の神社に晴れますよに。と

みんなで祈りながら、傘を借りてとりあえず向かった公園では

 

 

晴れ渡った。

 

 

友達が、

 

 

「天気の子じゃん!!!」

 

 

と言った。

 

 

 

★★★★

 

 

 

娘も、

公園に着いたら、少しだけ、少しだけだけど

かすれそうな声が出始めて私は胸を撫で下ろす。

 

友達と私もまだ日が浅いので

場を持たせるのに、無駄に気を遣う私がいる。

 

 

娘も、友達との会話ではなく、

主に私に対しての声がほとんどだけど。

 

 

それでも大進歩だ。

 

 

一回、声を出せれば、次回も出せる。

 

 

場面緘黙症あるあるだと思うんだけど、

やっぱり最初の最初が肝心なんだなとわかった。

 

知り合って間もない時期に

今のような事ができれば

普通に会話できるけど、

 

 

1年間、喋らなかったという経験の「型」が色濃い。この独特の重い感じ。

 

 

はぁ〜何だか先が長いなぁ。

 

 

 

と感じたり

 

 

 

嬉しさ半分、不安が半分。

 

 

だけど。

今日は楽しんだ。

楽しみまくって、

 

うわー。このペースなんだな。

このペースは大人には無理だ。

 

f:id:mariko19821019:20200316184415j:image

 

子供ってほんと、

ノンストップでずーっと激しく動き回る。

 

 

娘も身体は動く。

良かった。本当に。

 

 

芝生があれば

上から全身ぐるぐる回転。

 

滑り台なんか、ノンストップ。

 

すごいスピード感。

 

今更だけどほんとに休まないのね。びっくりする。

 

 

これをね、普通は友達同士でやってくれるんだけど、今のところ、

わたし(通訳兼中間人)が必要で、

 

これ、ほんと、体力勝負ですな!!!

 

 

f:id:mariko19821019:20200316184538j:image

 

家に帰ったら、寝ちゃった。

遊び疲れてパタッと寝るなんて理想の生き方。

 

 

 

場面緘黙症について改めて考えてみた。

 

この症状について。

 

原因という面から考えれば、

あ〜あれが彼女を傷つけてしまったかも。

という親目線の自責の念なんて

私の場合、あっという間に1000個は思い浮かぶ。

 

 

子育てしてれば、誰だってそうじゃないか???

 

 

だから、元々のその子が持ってきた個性ではと考える。

 

 

不安症の一つが場面緘黙症

 

 

人からの目線を過度に気にする。

だからつまり、人の気持ちを必要以上に

想像する力があるわけだから、

自閉症スペクトラムの類とは異なる。

場面緘黙症は、こういった症状を併せ持つ事もとても多い。

 

 

そして、言語能力や、学習能力には

問題はないと。

 

 

周りの子のように振る舞えない

=周りの子より過敏。

 

 

何に敏感か。

 

★人の気持ちを考えすぎてしまうこと

★想像力

★観察力

★真面目さ

 

 

そして、感覚が独特な事が多い。

 

だから、

 

 

「人と場所を選ぶ。」

 

 

駄目な人はとことん駄目。

 

 

だから、娘は、

変なものを寄せ付けない力があるかもしれない。

 

 

なにかこう、一般の子は見えない感覚的なものを敏感に掴める能力があるのでは。

 

 

場面緘黙症は、ほんとに最近認知され始めてきた症状。

 

ちょっと、なんか、奥が深そうだ。

 

 

今のまま、周りと連携しながら、

変えようとしないで、知りながら。

 

 

そういう意味で、お友達は凄くて。

 

娘が指名しただけあって、

一緒に遊んでても、喋れないことに触れるわけでもなく、めっちゃ上手に遊んで、

何より自分が1番楽しんでいて。

でも放置ではなく常に気にかけてくる姿勢が

神業だ。

 

 

7歳にもなると、

 

 

「2年生になったら、喋れるように頑張ろうね!!」

という形で応援?してくれる女の子が沢山いるんだけど、

 

それは、なんか違って。

 

 

そのままを理解しながら、

結果として変わるなら素敵だと思う。

 

 

人を変えようとしない事、

でもやるべきこと。

 

放置と見守りと祈りの間は

曖昧だ。

 

 

私は、それでも自分の世界の中で現れた事なんだから、私が思いつく事を自信を持ってする。

 

そして、あとは委ねる。

 

最初からいきなり委ねれないじゃん、

それは逃げだ。

 

 

だから、自信を持ってやってこうと思った。

 

 

 

 

 

先生。

 

3月で鎌倉に引っ越してから

1年が経つ。

 

f:id:mariko19821019:20200312013332j:image

 

 

1番感じる事は、

 

地区によっての教育水準の違い。

 

 

娘の通ってる小学校は

公立にも関わらず

ほんとに、ほんとに教師の心の質が高い。

 

いうならば、まるで治外法権区域なみに

ここは、何かちゃんと違ってる。

 

質が。とかって上から目線ですんません。

 

でも、探しても探しても、ほんとに、変な職員がいない。

ほんとに、ひっとりもいない。

 

今まで、教師って、6割は

それはないわ。って人達だった記憶のある私。

 

公立だからしょうがない。

そんな中やってくしかしょうがない。

だって、ほら、

社会に出たらもっと大変な人や

大変な事ばかりになるのだから。

 

どこにでも変な人はいるし。

 

なんて思ってたし、

 

それが集団意識としてあったと思う。

 

でも、とにもかくにも

 

そう言ってきたやつ誰やー‼️笑

 

 

先生は、素晴らしいに越した事ないんだ。

当たり前じゃん。

 

 

社会に出たらもっともっと

素敵な出会いがあるんだぞー!!

 

 

先日、地元の人で、自身も同じ小学校に行っていた人から、

 

1人も変な先生いないでしょ。

 

少人数だからね、変な先生を入れると

格差が出ちゃうのよ。

 

って言っていて、

あー。なるほどな。それ、あるかもな。

と思った。

 

 

この前、先生と話した時に、

同じ日本でも、公立小学校の在り方には

大きな差があると。

 

例えば、千葉県は、集団行動重視のとこが多い。

ちゃんとはみ出さずにやろう!!みたいなのが強いらしい。

 

(そう言えば、千葉の友人から、

給食を残さないクラスはそのクラスの評価が上がるっていう逸話を聞いたことあるわ。2020年現在。)

 

※もちろん地区によりけり

 

鎌倉もほんとに、地区によってだけど

海近は、大らか。教員の質も高いのだとか。

 

 

 

なにせ、場面緘黙なもんだから、

場所と人を選ぶのですわ。

 

って、これも娘の才能??

 

 

いやいや、現状まだまだ喋れないし、

そんなうまくはいかないけれど。

 

 

素敵な小学校に出会えてよかった。

 

 

 

3.11 いま思うこと。

 

珍しく2時間、ご近所をぐるぐる自転車で回った。

 

 

ご近所の環境が素晴らしいから

散歩程度でも、

旅行もんになる。

 

 

 

f:id:mariko19821019:20200311162506j:image

 

 

 

今日は20度越えの快晴の日☀️☀️☀️

 

 

海に行ったら気分が良くなって

これまた珍しく友達に電話してみた。

 

 

 

その次は坂ノ下から稲村ガ崎まで移動。

 

 

ちょっと、いやかなり気になってる

お家の建築現場を見に行く。

 

 

ていうか、けっこう良く見に行っちゃってる。

 

 

f:id:mariko19821019:20200311162950j:image

 

 

おもしろいお婆ちゃんがいた。

 

 

たくさんの人が日向ぼっこをしてた。

 

 

今日は3月11日。

あの東日本大震災からもう9年。

 

 

あの日の今日、とんでもない揺れを経験した。

これは尋常じゃない!お願い!揺れ、早く止まって!!とみんなで机に潜った。

 

その時。私は青山の会社にいて

社員の女の子たちと近くの青山学院まで

逃げたんだった。

青山学院でも何度が揺れた。

 

 

その後、デザイナーさんと渋谷まで2人で歩いた。

 

すぐに彼女は旦那さんと渋谷で奇跡の再開を果たして、その後わたしは1人、

 

電車が動くまでの長い時間、渋谷の半地下にあるレストランで過ごした。

 

何時間も待って乗れた半蔵門線

家の近くまで行って

それから、見たこともない道を

歩いて帰ったんだった。

 

 

あの時の渋谷の異様な空気感は

今でもはっきり覚えてるし、

 

当時一緒に住んでいた弟と

珍しく一緒にニュースを見た事、

 

ラーメンかうどん?を一緒に食べた事、

 

そんなんを思い出す。

 

 

きっとこの時代

わたしは、

 

今とは比べものにならない位、

ちゃんと働かなきゃと思ってたし、

 

早く何者かにならなければと思ってたし、

 

今とは比べものにならない位、

 

自分が悪いって思ってた事が沢山あった気がして、

 

外に外に戦わなければという気持ちが

常識としてあったように思う。

 

 

 

あれから9年、遠くまできたなと感じる。

 

 

今の方が、何倍も大変で

何倍も自由で、何倍も、素晴らしい。

 

 

今年、来年と、世界的に大変な時期に突入するという話を聞いた。

 

 

そうだろうなと思う。

 

 

偽者では、やり過ごせなくなってきた事を思う。

 

 

 

今を楽しめ!!

 

 

 

休む。

 

新型コロナの影響で、

 

ものすごーくゆっくり過ごしております。

 

 

f:id:mariko19821019:20200309214832j:image

 

 

がんばってた事や、

無理してた事って、

 

 

やらなくなって

やっと

初めて

 

 

気づく。

 

 

 

無理してたなーと思ったことは、

 

寝不足の中、朝早く娘を起こして学校まで行くこと。

毎日、宿題やら明日の準備やらをチェックすること。

毎週、違う小学校の言葉の教室とか、学校に出向いてたこと。

毎晩、次の日の登校の時間に合わせて

ごはん、お風呂、寝かしつけをフルスピードで

やんなきゃだったこと。

毎晩、娘のエンドレスな遊びに付き合うこと。

 

次の日の事を考えて

寝かしつけるとか、

しんどかったなーーー。

(過去形)

 

 

 

★★★

 

 

今日は、仲良い親友と

3人でLINE電話した。

 

(千葉と茨城と神奈川にばらばらに住んでる。)

 

 

千葉の3兄弟を持つ友達から、

 

「まりこ、偉いよー。

ちゃんと子供の事待てるよね。

こういう人をちゃんと選んできたね、まりこの娘は。」

 

 

と言ってきたので、

 

やっぱり、3人も子供を育ててる人は

何かとよく分かってくれてるわ。

 

と、嬉しかった日。

 

 

それにしても。

 

連日、よく寝てるから体力に余力あり。

 

 

海まで散歩に行こうと思ったけど、

 

 

やっぱりどこにも行かなかった日。

 

 

窓から森がたくさん見える。

鳥のさえずりがずっと。

近くの畑仕事をしてるおじさんの

口笛がいつも聞こえてくる。

 

 

巡回をしてるおまわりさんは、

映画に出てきそうなニコニコ感じが良い人。

 

 

 

 

f:id:mariko19821019:20200309221421j:image

 

 

 

 

 

f:id:mariko19821019:20200309222359j:image

びわこふきんを買ってみた。

 

 

 

どん底の気持ちを体験した。

 

昨夜、明け方前に目が覚めて

私は、恐怖のどん底の世界に行ってしまった。

 

寝る前に、夫が娘のことを

 

「変な質問ばかりしてきて、何かテレビ見てても、流れがわかってなくない?

そーゆうの心配なんだけど。」

 

って言ってきた事がふと脳裏にすっごく

嫌な感じによぎってきた。

 

 

ただ、お前の器が小さくて、イライラして対応できないだけじゃん。正論並べてんじゃねーよ。ほんとに、こいつ、嫌だな。と夫のことを思ったのと同時に、

 

 

前に学童の先生がさらりと私と娘に

言った一言

 

 

「大検でもいいわけですから、今は。」

 

 

 

 

って言葉を今さら思い出しちゃって、

 

 

 

 

 

前住んでたとこでは、あんな楽しく友達と

話せて、当たり前に仲良しの友達がいて、

その子らと一緒に小学校に行けば

 

 

今みたいに、場面緘黙症がそのまま出ることはなかっただろう。

 

 

ーだから、私が娘を障害者にしてしまったんだー

 

 

と一直線で話がまとまって、

 

 

今まで感じてた恐怖のどん底を感じて、

 

 

怖くてたまらなくなった。

 

 

こんな闇を感じたのは

たぶん初めてで、味わい尽くしたら

 

 

きっとあとは、また天国に行けるかもしれない。

 

 

だから、せっかくなので、

ちゃんと味わい尽くそう。

 

 

前向きに明るくなるんじゃなくて

感情を無かったことにしない。

 

 

出てきた感情を無かったことにしない。

 

 

 

今までの元気で前向きでいなきゃを

手放したい。

 

 

 

今日は都内まで仕事。

 

電車に乗ってる人が少ない。

 

 

f:id:mariko19821019:20200306085941j:image